包丁とぎの話。

この記事をシェアする

こんにちは、らいです。

 

先日、読者登録しているこんつまさん(id:goldblack)の記事で

包丁とぎ器が話題に上ってまして。

愛用している包丁とぎ器があった私はついTwitterで絡んでしまったのですが、

ちょうどいいので(?)ブログにもちょっと書いちゃおうと思います。

便乗しちゃってすみません^^;

 

私が使っているのはコレ↓

f:id:rai-mishima:20160204143352j:plain

 

京セラのシャープナーです。

結婚当初に義理の父に砥石で研いでもらって以来、

数年間特別な手入れもせず包丁を使っていたらだんだん切れ味が落ちてきて、

挙句親指をざっくりいってしまったというエピソードが以前ありまして。*1

で、「いい加減研がないとその内指の一本もなくなるかもしれない」と思い

包丁を研ぐことにした訳なんですが。

 

とはいえ砥石は難しそうだし、

かといって何を選んだらいいか分からないと悩んでた時にたまたま本屋さんで見かけた「LDK」という雑誌がキッチン用品特集だったという。

その中にこれまたちょうどよく包丁とぎ器のコーナーがあって、

その中で一番評価がよかったのが前述の京セラのシャープナーだったんです。

 

実際使ってみたところ、切れ目に包丁を入れてゴロゴロするだけで

だいぶ切れ味が復活するので助かりました。

初めての時(前回研いだ時からかなり間が開いている時)は

20往復以上する必要がありますが、

定期的に使うようになれば10往復もすれば十分。

技術も要らないし時間もかからないので私のような人にはありがたいです。

値段は私が買った時は2000円前後(今見たらAmazonだと1200円台でした)で、

お安いとは言い難いですが、

切った食材が見事に繋がってた時のストレスから解放されて

なおかつ指の安全が守られるならいいのかなと私は思ってます。

実際かなり使ってるので、元は取れたような気がしますしねw

 

ホントは砥石で研げたらカッコイイなと思うんですが、

下手にやると刃が歪んじゃうらしいのでね…

私にはこれが向いてるかなと思ってます(^^)

 

 

このブログを読んでくださって、有難うございます!

▼クリックしてもらえると励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村

 

このブログは、らいが書いています

遅ればせながら、自己紹介。 - 本日も、機嫌よく。

*1:後に聞いた話によると、切れ味が悪い時の方が怪我しやすいみたいです。切れ味が悪いから変に力が入って狙いを外すってことなんですかね?