好きなマンガ・小説の実写化が地雷な訳を長々と考えてみた。

この記事をシェアする

こんにちは、らいです。

 

昨年から好きな作品の実写化が続いていて(例:進撃の巨人、全てがFになるetc.)、何ともフクザツな感覚です。

「好きな作品なんだから嬉しいもんなんじゃないの?」とお思いかもしれませんが、私にとっての実写化は、鬼門というか地雷というか…そういう位置づけなんです。

Twitterで好きな作品の公式が「実写化決定!」ってツイートしているのを見たら、ちょっとヘコむくらいです。

 

とはいえ、ずっと文句ばかり言っていても精神衛生上よくない気がするので、そもそもどういう訳でこんなに実写化に苦手意識があるのか、ちょっと考えてみることにしました。

ちょうどよく(?)、今期は私が高校時代好きで読んでいたミステリ「火村英生シリーズ」が実写化されているので、火村シリーズを例にとって考えてみます。

ちょっと辛口かもですが、いちファンの戯言なのでご了承ください…

 

キャラデザと実物の俳優さんの違いが受け入れられない

原作がマンガならキャラクター像が明確に提示されていますし、小説の場合だと地の文に出てくる描写などから登場人物の姿を想像しつつ読んでいくと思います。

読者が各々キャラデザをしているような感じでしょうかね。

 

人によるとは思いますが、私の場合はマンガ的な絵柄で想像しているので、実写化となると2次元のイメージとのギャップが大きすぎて「こんなんじゃないのにぃぃ!!(ノД`)・゜・。」となっているのかなと。

なので青年誌に多い写実的な絵柄のマンガが原作だと、違和感を感じにくい気はします。

バクマン。」とかも意外と平気だったな…。

 

因みに火村シリーズに関しては、自分の脳内のイメージもありましたが、コミカライズ版の麻々原絵里依先生の絵(めっちゃ好き)がドストライクすぎたのが大きく影響しているんだと思います。

 

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 朱色の研究I【新装版】 (あすかコミックスDX)

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート ブラジル蝶の謎【新装版】 (あすかコミックスDX)

Amazonさんの画像、お借りしました。

 

2枚目の左が火村、右がアリスです。

実写版の俳優さん方、すごくちゃんとやってらっしゃるし罪はないのですが、この姿が定着している身としてはやはりどうにも受け入れがたく…。

特に火村はめっちゃ好きなので特に…(´;ω;`)

実写のアリスは若すぎるけどかわいいから最近許せるようになってきました

 

トーリー・設定改変が受け入れられない

原作アリの作品によくあるのが、ストーリーやら設定の改変。

作家さんの創造力さえあれば何でもできるマンガや小説と違って、実写には限界やらしがらみやら何やらがあるので致し方ないというのは分かってるんです。

…分かってるんですが、可能な限り忠実にしてほしいと思ってしまうんですよね^^;

 

実写版火村シリーズだと、火村が吸ってるタバコの銘柄がキャメルじゃないとか、あんなにオーバーサイズの服だっけ?*1とか、あんなに犯罪に魅入られてる的な感じだったっけ?とか、あの決め台詞は一体…とか(どんだけあるんだw)。

そっちが気になって本編入ってこない!ってなってしまいます…^^;

 

あと「ダリの繭」の時のフロートカプセルのセット、若干チャチくない?とか…。これは仕方ないのは分かってはいるんです。でもだからこそ実写にこの作品を選ばなくても…って思っちゃう。

 

トーリーに関しては、好きで読んでた割にあんまり覚えてないので、今回言う資格ないですけども←

 

実写版を見る時は広い心で

一通り書き出してみて思ったのは、「これ、私の狭量さが原因だな…」ってことですかね…。

でもなぁ、好きだからこそ狭量になってしまう部分もあると思うのですよね…人間だもの_(:3 」∠)_

ともあれ、実写を見る時は「こんなバージョンもあるのね~」くらいの気持ちで見られればいいのかもしれませんね。

あとは今まで通り、「ぶーぶー言いながら見るのを楽しむ」か、ですねw

 

お気に入りの実写版もあるんです

これだけ実写版には消極的な私ですが、いいと思った実写版も勿論あるので、それをご紹介してこの記事を締めたいと思います。

筒井哲也原作のマンガ「予告犯」の実写版映画が、最近の個人的ヒットです。

 


【特報】 映画『予告犯』

 

原作のマンガが好きで期待値も上がってましたが、裏切られませんでした。

ノビタ役の濱田岳さん(auのCMの金太郎の人)の役への寄せっぷりはいつ見ても凄いなぁと思わされます(映画によって凄く印象が変わる気がする)。

トーリーに多少の改変(エピソードの追加etc.)はありますが、個人的には好感が持てる感じで、エンディングに関しては下手したら実写版の方が好きかもしれないくらいです。

 

こういうことがあるので、何だかんだ言いつつ「好きな作品の実写化」をチェックせずにはいられないんですよねぇ^^;

 

 

このブログを読んでくださって、有難うございます!

▼クリックしてもらえると励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村

 

こんな人が書いてます

遅ればせながら、自己紹介。 - 本日も、機嫌よく。

*1:火村役の俳優さんのアイデアらしいです…