【アニメ】’16春クールに見たアニメの感想。

この記事をシェアする

こんにちは、らいです。

 

遅ればせながらチェックしていた春アニメ、全て最終回まで見たので感想をまとめました(`・ω・´)

 

暗殺教室

遂に最終回を迎えましたね~!
分割とはいえ、計4クールやってたんですね。
長い間やっていたにしては中だるみ感も全然なくて、最後まで楽しく見られました。
 
長い間見てたせいか、私もE組の生徒並に殺せんせーへの思い入れが強まってたので、24話は辛かったです…( ;∀;)
 
めっちゃ余談ですが、この作品きっかけに声優の福山潤さんに興味を持ち出し、おそ松さんの一松でダメ押しをくらいましたw
 

坂本ですが?

坂本の(おそらく)素で突拍子もない行動を取る可笑しさが作品の軸になってる分、慣れてくるとそんなに笑えなくなってしまうっていう難点があったかなぁと思います。
なので後半は結構ながらで見てることが多かったかも…。
1クールでまとめたのは正解だった気がします。
 
あ。でも後半ダレたといいつつも、10話の「シューベルトの魔王」はツボでしたwww
 

迷家

一応お化けは出てきませんでした。
あと序盤を見た私が邪推していた歌とカラスの話も、特に深く関係はしてませんでした…よね?←
 
結局はトラウマの話だった訳なんですけど、伝えたかったこととしては「辛い過去も自分を形づくるモノの一つだから、いつかは受け入れてあげてほしい。今それができないなら、逃げたっていいから」っていうこと…でいいのかな。
 
それはそうと、序盤で死んだと思ってたイルマニアもどきが生きててビックリしましたw
 

ジョーカー・ゲーム

エピソード的には「暗号名ケルベロス」と「ダブル・ジョーカー」が好きなんですが、衝撃度で言えば「柩」が一番だったかもです。
あの回ほどどんでん返しを望んだ回はなかったのに、そういう時に限って起きないのね…。
三好…うぅ(´;ω;`)
 
このアニメ、演出がいちいちニクくてたまんなかったです(*´з`)
 
ニクいで言えば、キャラの顔の見分けがつきにくいことで有名な(?)この作品ですが、スパイたちが勢揃いする「XX」を、視聴者が何となくスパイたちの顔の見分けがつくようになったかな~っていう最終回に持ってきたのもうまいなって思いました。
時系列的には前後しちゃってたけど、そのお蔭で最終回に三好見られた訳ですし(´;ω;`)
 
そういえば、最終回の一番最後の台詞が一話に出てきた「馬鹿が。背広で敬礼するやつがあるか」だったので、ついニヤッとしちゃったんですが、もしやこれを最後に出すために「XX」を最終回に持ってきたってのもあるのかな…?
うーんわからん!w
 

ふらいんぐういっち

好きすぎて言うことありません←
 
特に「喫茶コンクルシオ」が素敵すぎて…(*´з`)
「素敵、物語に出てくるお店みたい!」(by耳をすませばの雫)ってな感じでテンション上がりまくりでしたw
近所にあったら通い詰めるレベル。
で、常連のキツネさんモフりたいですw
 
日常ものっていうのもあると思うけど、結構日常のちょっとしたカットの描写が丁寧な
 のがよかったです。
最終回だったかな?の、会話をバックにホットケーキが膨らんでく様子をひたすら描写し続けるとことか、結構好きですw
あのシーン見てホットケーキ食べたくなりました(´ρ`)パンケーキじゃなくホットケーキ!
 

文豪ストレイドッグス

個人的に好きな感じだったので、安心して見られた感じでした。
10月から2期ってことで、外国勢がやってきて面白くなりそうなところで終わっちゃいましたね。
 
因みにキャラ的には武装探偵社の中では諭吉さんが好きなんですが…最終回で出てきた森鴎外も好きかもしれない…!
 
あと、コレ見てると自分のこと「やつがれ」って言いたくなっちゃいますよね?w
アレ? 私だけ?(;^ω^)
 

まとめ

個人的に今期のアニメでお気に入りだったのは、「ふらいんぐうぃっち」と「ジョーカー・ゲーム」の2作品でした!
 
ひたすらほのぼのして心癒される作品と、ひたすらカッコよくて唸り続ける作品って感じでジャンルが違い過ぎて、一番は決められなかったです^^;
 
これを書いている時点で夏クールのアニメの中の見たかった作品も一通り見ましたが、ちょこちょこ1話で血が騒いだモノもあったので、また少しずつ感想も書いていこうと思います♪