おそ松EXPO!~前編・東京会場の様子

この記事をシェアする

こんにちは、らいです。

 

f:id:rai-mishima:20160804104021j:plain

 

昨日、初日のおそ松EXPO(以下エキスポ)に行ってきました!

感想が長くなりそうなので、今回は2回に分けて書くことにw

前編では、イベント自体というか、入場までや物販なんかについてまとめときます。

 

入場まで

エキスポの入場は時間制で、実際の入場時間の10~30分前には指定の場所に集合するように書かれてます。

そうなると、入場前は最大でも30分くらい待てば入場できるのね~、と思うでしょうが。

実際のところ入れたのは、待機し始めてから大体一時間半位経った頃でした。

 

ここら辺は恐らく、初日のバタバタ的なものもあるのかなあと言うところですが、結構待つっていう気持ちで行っておいた方がいいかもです。

 

でもって東京会場の待機列は外です。

一応庇があるところではあるんですが、スタッフの方の誘導にしたがってチケットの整理番号順に並ぶので、運が悪いと日光直撃の憂き目に合う場合もあります(因みに私たちは日光直撃でした^^;)。

なので、暑さ対策と紫外線対策は万全に!

 

ホントにもう、体力のない引きこもりにはなかなか辛い時間でしたw

推し松法被着てる人も結構いたけど、暑かったろうなぁ^^;

 

あっあとこの会場、場内にお手洗いがない造りです。

お手洗いは入場前、できれば待機列に並ぶ前にに済ませた方がいいっぽい感じでしたね。

 

物販について

物販のざっくりとした流れ

場内は一本道で、引き返すことができない作りです。

でもって物販エリアには展示を全て見た後にしか入れず、入るときにチケットの半券を提示して入場するようになってます。

 

因みに物販のシステム的には、お店のように実物を選べるようなタイプではないです。

チケットの半券を提示すると、グッズの写真入りの注文票を渡されるので、欲しいモノの点数や合計金額なんかを記入して、レジブースでお会計と商品の受け取りをする、って感じでした。

このシステムのお蔭で、お会計はスムーズに済む感じです(^^)

 

注文票を渡された後は待機列に並ぶわけなのですが、物販の待機列も外です。

しかも今度は庇なし。

やっぱり暑さ&紫外線対策(ry

 

完売情報はTwitterの方が把握しやすいかも

グッズの完売具合は、物販エリア入り口とお会計エリアのちょい前のボードで一応確認可能です。

 

ただ、時間帯にもよりますが待機列に並んでる間にもどんどん完売していきます。

お会計エリア直前のボードを見たら買おうとしてたグッズが完売!ってなると、注文票の修正で結構ワタワタしそうな感じです。

実際一緒に行った友人が、待機中に欲しいグッズが売り切れてしまい「合計金額直さないと…」ってぼやいてましたw

 

勿論、待機列周辺のスタッフの方々が逐一完売状況を叫んではくれるんですが、待機場所の脇を電車が通ってる上に拡声器も使ってないので、相当耳をすませてないと聞こえません。

 

完売情報はエキスポの公式Twitterでも確認できるので、そっちを見つつ待機、っていうのがいいかなぁって感じですかね。

 

因みにですが初日の感じでは、エキスポオリジナルグッズの中ではボールペンやチャームキーホルダーあたりの完売が早かった印象です。

私が物販にいた15時半くらいには売り切れてました。

全アイテム購入制限かかってるのに、すごいですなぁっていうのと、結構みんな、実用的なグッズを買いがちなんだなっていう…(;^ω^)

 

エキスポオリジナル以外では、一松の法被が13時台には売り切れの知らせが出ててビックリした記憶がw

わしも欲しかったけど、着るトコないってのとお高かったのでね…(´;ω;`)

 

暑いけどめっちゃ楽しかったよ!

と、ここまで会場内の展示以外のことをがっとまとめてみたら、大変な部分ばかりが前面に出た感じの文章になってしまったような気がしないでもないですが^^;

待機時間なんかは初日で運営側も探り探りみたいな部分もきっとあったと思うので、きっと日数を経ていく内にもっとスムーズになるのでは、と思います。

スタッフの方々、ホントお疲れ様です…

 

それに、場内に入った私のエンジョイっぷりは後編で書こうと思ってますが、ホントめっちゃ楽しかったので!!

ファンなら暑い思いする甲斐あると思います(*'ω'*)

 

日と時間帯によっては当日券もあったりするようなので、気になった方は是非ー!

 

osomatsuexpo.com

 

ではでは、また後編で(^^)