画材を手放して、少しスッキリした。

この記事をシェアする

アナログでカラーイラストを描くのに使っていたコピックチャオはじめ、

画材を何点か手放しました。

 

f:id:xmint_bluex:20170902105002j:plain

写真撮り忘れたけど、殆ど使ってなかった漫画用原稿用紙も。

 

実際手放してみると、意外に後悔はあまり感じないです。

寧ろ手放す前の、

目に入る度に「ああ、最近描いてないな…」って思うストレスの方が

大きかったような気もします。

 

何だろうな、描くの好きだったはずなんだけど、

最近はなかなか描くに至らない。

思うに、描き上がったものを見て思うコレジャナイ感とか、

「世の中絵が上手い人なんて沢山いるのに、わしゃ何で描いとるんじゃ…」って

思うのが結構しんどかったりってのがあるのかな、と。

変に完璧主義なところもあるから、

「ペン入れして、色も付けないと人に見せられない」とか、

「こんな仕上がりじゃダメだ…」とかも思ってたかもしれん。

 

でも、お仕事ならまだしも趣味なんだから、もっとテキトーでいいんじゃないかな、

って今は思ったりもする。

私はカラーが苦手なんだけれども、

だったら無理に色つけなくたっていいのかもしれない。

別にへったくそな絵だって、自分の気さえ済めばいいんだ、きっと。

気が向いた時、萌えや妄想が溢れて仕方ない時に紙にぶつける感じで。

それだったら、そんなに凝った道具は必要ないかなって。

紙とペンさえあれば。

あとペンタブもあるし(全然使いこなせてないけどもw)。

 

ていうか、ロクに描かないならペンタブもいらないんじゃない?

と思わなくもないのですが…(;^ω^)

そこはまだ割り切れないなw

 

 

 

何だか、常体(?)と敬体がごっちゃな文になってしまった…。

ブログの書き方も、

色々試して書きやすい方法を模索してみたいなって思ってます(今更w)